大覚寺 戊戌開封法会

60年に一度、ひらく扉がある。

1200年前の平安時代、都で大飢饉による疫病が流行りました。

時の帝であられた嵯峨天皇さまは、弘法大師さまのお勧めにより、御写経をなされ、勅封(封印)として奉安し、国民の安泰を心から願われました。
奉安された年が弘仁九年(818)の戊戌(つちのえ・いぬ、ぼじゅつ)の年であり、以来60年に一度、大覚寺では、その御写経(勅封心経)をご開封し、天下泰平をお祈りすることが伝統儀式であり、「戊戌開封法会」の由来です。

と、大覚寺HPから。

毎年、犬鳴修験道はこの大覚寺で護摩行をご奉仕します。

ご奉仕を終了し、その後般若心経を拝謁。1200年前の天皇の直筆だと思うと、もう少しゆっくり見たかったけど(笑)

 

11時~21時でお好きな時間にサロンで
電話・Skypeで全国へ
スケジュール確認はこちら

お問い合わせ・お申し込みは
LINE@にて

電話鑑定・動画レッスンのお支払には
クレジットカード・コンビニ払いもできる
ネットショップのBASEにて

著書:占い師になってみました Amazonで好評発売中

占い・霊視リーディング&占いスクール SOUYA
真言宗 大本山犬鳴山
七寶瀧寺 犬鳴修験道
練 八文 (れん やおり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。