タイトル21奇門遁甲 祐気採り
パワースポット&エリアの設定方法
奇門遁甲基礎知識

歴史を持つ奇門遁甲(きもんとんこう)の祐気採り(ゆうきどり)は人生に勝つための開運方法です。私たちを取り巻く空間にはさまざまなエネルギーが満ち溢れ、法則性をもって循環しています。このエネルギーを「祐気」や「神気」の摂取によりうまく取り入れることで自分の運勢の流れを変え、良くしていくのが奇門遁甲の祐気採りです。

「祐氣」とは自然から頂けるパワー
「神氣」とは神様から頂けるパワーです。

祐気採りとは『氣』を体内に貯める方法です。地球の磁場(パワーエリア)を利用して貯めますので、目的それぞれに合った方法を使って開運に導きます。ちなみに奇門遁甲祐気採りを活用した有名な人といえば…三国志の諸葛孔明です。

軍師孔明は映画『レッドクリフ』で金城武さんが演じた人物で、百戦百勝し3000年経った今でも名を残す人物。1度は映画をご覧になった事がある方も多いのではないでしょうか。戦において奇門遁甲を用いることによって、連戦連勝することができたと言われています。

「氣」を貴方だけのパワーエリアで身体に溜め込みます。その場所に居ることにより身体に「氣」が染み込みます。雨がふっていれば小雨なら打たれて天からの恵みの雨という「氣」を肌から染み込めましょう。温泉があれば、地のマグマの「氣」である温水に身を沈め、全身に染み込めましょう。その地に生きている自然と触れ合い木々から「氣」頂いてください。0001 (10)
0001 (14)

奇門遁甲は、転居や旅行、外出など人が移動したあとに起こる出来事の吉凶を占うものです。

①いつ(奇門遁甲は出発時間が命)
②どちらの方位に移動すれば(北or北東…)
③どんな運勢の分野で(甲or乙…)
④どんな変化が(もちろん開運)
⑤どれくらいの強さで(大吉など)
⑥いつ頃現れるのか(応期)を占う方法です

ここで注意して欲しいのは、

  • 吉方位へ行っている最中に吉作用は起こらない
  • 吉方位へ行って時間が経ってから作用が現れる

なので、祐気採りは後日必ず効果が現れる。反対に効果が現れる日時も解るので、効果を出したい日から逆算し、祐気を採っておけばその日必ず効果を出せるという事になります。試験なんかにいいですね♪

使い方1 移動の善し悪しをみる 

休みの日や、お正月お盆など旅行に行くなら吉方位へ行こう!となれば、お渡しする表から出発したい日を選ぶ。その日に東が大吉なら旅行先を東の範囲の中にする。

もしくは自宅から行きたい場所、例えば遊園地が東にある。ので、東が大吉な日を旅行に行く日にする。

使い方2 開運に使う

命理を読み解き今の自分の不足している「運」を補う方位へ行く

もしくは、大過(多すぎて困っている)ならそれを抑える事の出来る方位を狙う。四柱推命と奇門遁甲で人生のバランスを図る。主に日盤を使います。

使い方3 ある日時を狙って吉作用を起こす

大切なイベントが決まっている場合。例えば「試験」

その日その時間に最大限の自分を発揮したいなら「応期」を読み解き、その日に効果が出る祐気をあらかじめ採っておく

主に短期間で作用が出る「日盤」「時盤」を使います。

つまり【使い方2開運】で実力を養っておき【使い方3ピンポイント狙い】で成果を出していくという使い分けがスタンダードな考え方です。

もう一つ開運で用いる「月盤」は、1ヶ月ごとに盤が変わるものですが、その吉方位の効果は何ヶ月も先になります。月盤の吉方位は、1年で10方位程度しか出ません。月盤を使用するのは引っ越しくらいです。でずがこれも日盤と一緒に使用しないといけません。引っ越しは月・日盤が吉方位重なる時にされることをお勧めします。

とにかく!早め早めに計画することが開運のコツです。

お渡しする初心者用8方位表は
気学30°60°方位を採用
IMG_8649

2月1日 東30° 11:00
甲 大吉 青龍返首を例題にします

①あちこち方位というサイトでご自分のお家をピンで中心にセット
②①で指したピンを「画面中央を自宅に設定」を押し固定しておく

IMG_8653

③設定の「方位線」チェックボックスは4つともチェック

④方位線の種類のタブから「気学30/60」を選択IMG_8655

 

そうしますと下のようにご自宅から方位線が四方に伸び、指定された方位(↑でいくと) 東30°の範囲ですね!

その範囲の中から、ゆっくりできる場所、公園・図書館・カフェ・自然の多い場所・温泉などをピックアップします

IMG_3156

東30° 11:00 甲 大吉 青龍返首となっていればご自宅を11:00~13:00の2時間(1刻)の間のうちに目的地へ向けて出発するのが基本です。

奇門遁甲の基本は指定された刻(2時間の間)にお家(中宮)を出発するのですが、遁甲では太陽時間を採用しますので皆さんが使っている標準時間とは時差が出てきます。←ココ極意!

太陽時間とは貴方の自宅の真上に太陽が来た時が正午。

標準時間とは明石の東経135度の経線、日本標準時子午線の真上に太陽が来た時が正午です。

日本では北海道や沖縄では20分以上の時差がありますので11:00と書いてあれば11:30~12:30の間にお家を出発してください。

また地球は1年中1日をきっちり24時間で回っておりません。

季節により8分短い23時間52分な日もあれば、18分長い24時間18分で1周する日もあるのです。これを「均時差」といいます。

これは世界共通です。この均時差も考慮し、11:30~12:30の間にお家を出発してくだされば全国の方大丈夫です。

ちなみに 真太陽時=標準時間±経度時間差±均時差 です。

均時差グラフは世界共通。ネットで調べればすぐ分かります!

私、練 八文はこの計算をしっかりし、11:00となっていれば標準時間11:00~13:00の間に出発ですが、プロですので真太陽時の12:45分に出発します。この出発極意やその他プロの奇門遁甲の使い方は「奇門遁甲の使い方だけ教えて」のレッスンでお教えしております。   奇門遁甲の使い方だけ教えて1回限り60分8,000円

横に長い日本では北海道や沖縄では20分以上の時差がありますので11:00と書いてあれば、11:30~12:30の間にお家を出発してくだされば全国の方大丈夫です。

目的地に着いたら心静かになりたい自分をイメージし

  • 天からのエネルギーと
  • 地からのパワーを
  • 時間という空間で人である貴方が受容体となり受け取る

この天・人・地のバランスが取れた時、開運します

甲の効果は仕事に関する事や名誉・名声、地位向上などです。

2月1日の11:30過ぎにお家を出て、東の方位に行き、落ちきながらイメージし祐気を採ると後日、必ず仕事運がアップします。

奇門遁甲は「命理」を必ず鑑定し、ただ単に商売を営んでいるから「丙」へ行く!という単純な占術ではありません。自然の摂理と持って生まれた宿命と巡ってくる運命によって吉方位は人それぞれ違います。

必ず四柱推命でご自分の宿命・運命を推命し開運方位を突きご自身の手で足で運を開き、人生を豊かにしてください。

IMG_3083

実際にお送りする 時間盤8方位 これをLINE・メールにてJPG・PDFでお送り致します!

 0001 (8)00020003

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube